FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.24 (Mon)

弦について、、

ギターのセッティングがある程度納まってきたので、
気になってきたのが弦。

昔の記録によると、(昔書いた「前略、ギター弾きにつきまして」)
弦は春から夏は、アーニーボール、
秋から冬は、ディーンマークレー、
ハードロック系は、ダダリオ、
を使っていたようだ。(他人事のように)

ゲージは、010~046のセット。


今回は、
アーニーボールの009~042セット。

やっぱり弦が変わると、
直接操作感というか、
アタック感というか、
ビブラート感というか、
全然変わる。

009~042のセットの感触は、
今のところ良い方向転換だけど、
アタック感が弱くなった。
特に、アーニーは弱い気がする。

ディーンはたしか、
固めでアタック感がすごくフィットしたのを覚えている。
でもその反面、
ビブラートがやりにくかったかな。。

サスティーンは良かったので、
全体的に伸びのある音だった。

ダダリオだと、
コシがあり過ぎて、
フュージョンだと合わないか、、
でも、
ソロパートだと合うか。

う~ん、、

個人的には、
アタック感が重要か。。


私のギタースタイル自体が、
独自のコード奏法なんで、
基本はアタック感が弱いと成り立たない。

まぁ、
試してみるか。

ゲージも変わったことだし、
ディーンでもアーニー同様のビブラート感があれば、
それで問題ないし。


なんか、
結局最後は昔のセッティングに戻るような気がしてきた。。r
スポンサーサイト
EDIT  |  14:18  |  セッティング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。